• ホーム
  • アフターピルとコンドームとコントロールについて

アフターピルとコンドームとコントロールについて

妊娠を望まないときには、避妊をしておくことが欠かせません。
避妊の方法に関しては、さまざまな種類があります。
さまざまな種類の中から、それぞれが希望する避妊の方法を選ぶことができます。
それぞれの避妊の方法には、メリットやデメリットがあるため、事前にしっかりと勉強をしておくことが欠かせません。
たくさんの種類の避妊の方法の中でも、コンドームを使用して避妊をするという人はめずらしくありません。
コンドームは、男性が主体となり避妊をする方法の一つです。
性行為を行うたびに、新しくコンドームを使用できる手軽さから、利用者は多くいます。
しかし、コンドームのデメリットとして、性行為を行っている最中にコンドームが破けてしまうこともあるのです。
そのような際には、望まない妊娠が起こってしまう可能性もあります。
しかし、性行為の最中にはコンドームが破れた気づかずに、行為を続けてしまうという場合もあります。
もしそのような状況に陥った場合には、アフターピルを使用することができます。
アフターピルは、性行為のあとに女性が飲むピルです。
アフターピルを飲む際には、性行為が終わったあとの決められた時間内に飲むことが必要になります。
特に、性行為が終わったあとに、なるべく早く飲むことが良いとされています。
アフターピルを飲むと、高い確率で望まない妊娠を避けることができるようになります。
アフターピルを利用するときには、副作用が起きることも考えられるため、個人の体の状況や飲み方をしっかりと把握しておくことが大切です。
コンドームを使用して行う性行為が男性主体の避妊であることを考えると、アフターピルは女性が主体となってコントロールできる避妊であるといえます。

関連記事
人気記事一覧