• ホーム
  • アフターピルはお酒で飲んでも大丈夫?

アフターピルはお酒で飲んでも大丈夫?

微笑む女性

アフターピルの効果にお酒はあまり関係はありません。
お酒を飲んだからといってアフターピルの効果がなくなるということはないです。
しかし一つ注意が必要なことがあります。
それはお酒を飲む量のこと。
これは飲む量が増えてもアフターピルの効果に影響はないのですが、お酒を飲んで気持ち悪くなってはいた場合に問題があるのです。
お酒を飲んで気持ち悪くなった経験はありませんか?アフターピルを飲んだ後にお酒を飲む時、普段の晩酌程度ならば何の問題もないでしょう。
いつも飲んでいる量だったら、あまり酔っ払うこともないし、吐くほど飲まないからです。
しかしもしも友人との飲み会があるという場合には、少しお酒の量を自制する必要があります。
お酒の量が増えると、自分でも知らないうちに酔っ払っていることもありますね。
また大丈夫と思っていても、急に酔いが回ってくるときもあるのです。
そのために吐かないようにすることに一番注意が必要です。
一般的にアフターピルを飲んで4時間以内に吐いてしまうと効果はないと言われます。
そのために内服をしてから4時間以内が一番大切です。
時に性交渉の避妊に失敗したかも…、アフターピルを飲んだけれど、本当に妊娠しないか心配という不安が大きい場合は、精神的にも少し弱くなっていると気なので、お酒を飲むと酔いやすいことがあるかもしれません。
またみんなで一緒に居ると不安を忘れることもできるので、つい飲み過ぎることもあるのです。
アフターピルとお酒は関係はないと言われますが、やはり自分で自制して、吐いていしまうほど飲まないことというのを守ることが大切です。
そのためには、アフターピルを飲んだ後は、少しの期間飲酒は避けた方がいいのかもしれません。

関連記事