• ホーム
  • アフターピルは事後いつまでに飲めば良い?

アフターピルは事後いつまでに飲めば良い?

薬を持っている女性

通常は、72時間以内に飲めばよいとされています。
アフターピルとはホルモン剤の一種です。
性交渉があって妊娠の避けるために内服をします。
通常は72時間内に飲めばよいとされますが、可能なら24時間以内に飲むと、避妊の成功率が高くなるので、24時間以内が推奨されています。
性交渉の後に妊娠を避けるという場合、精子と受精せず着床しなければいいのです。
そのためにアフターピルを飲んで無理やり生理が来るようにするのです。
生理がきてしまえば着床することが出来ません。
でもアフターピルを飲んですぐに生理になるわけではありません。
薬が体内に入って、そのホルモン剤の効果で生理がやってくるのは、約3日かかるのです。
そのためにできれば性交渉後すぐに飲んで、出来るだけ生理を早く起こすということが大切なのですね。
そうすることで妊娠を避けることが出来るのです。
また性行為が排卵前だったとしましょう。
性行為の後に排卵してしまったら、精子と出会い受精することも考えられます。
しかしこの時にでき限り早くアフターピルを飲んだら、排卵をおそくすることもできるのです。
そして排卵を遅くして精子と卵子が出会わないようにする。
そしてホルモン剤の働きで生理を早く起こしてしまえば、そこでアフターピルの効果が得られたということになります。
また運よく排卵のタイミングがよく、精子と受精した場合でもホルモン剤の働きで着床することが出来ません。
その結果として妊娠を避けることが出来るのですね。
通常一般に言われているのは、性行為後72時間以内であること。
そして可能であれば24時間以内に内服をすると高い効果が得られるということなので、知っておくと安心です。
アフターピルは手軽にネットで購入することができます。
望まない妊娠をしたくない!という方は、アフターピルが買える通販サイトで前もって手に入れましょう。

関連記事