• ホーム
  • アフターピルを服用して出血したら婦人科系の異常も

アフターピルを服用して出血したら婦人科系の異常も

赤い錠剤

性行為による避妊に失敗した場合、万が一の妊娠を防ぐためにアフターピルという緊急避妊薬が使用されます。
通常の薬のように水と一緒に飲むだけで高い避妊効果が得られますが、そのためには性行為からできるだけ時間が経過しないうちに服用する必要があります。
きちんと避妊できていれば、通常は服用後3日から3週間の間に消退出血という出血が見られます。
消退出血は避妊が成功したかどうかを判断する大切なサインなのですが、中には服用してから3日経過していないうちに出血してしまう人もいます。
通常、アフターピルを飲むと体内のホルモン量が徐々に変化して子宮内膜が剥がれていきます。
人為的に妊娠しなかった環境を作り出すことにより、万が一受精していても妊娠が成立しないようにできるのです。
一般的な人なら、この流れにはどんなに早くても3日はかかります。
このため、もし3日以内に出血が見られた場合は消退出血ではなく、他の婦人科系の異常が原因になっている可能性が高いのです。
可能性は低いですが、前回の排卵期に妊娠が成立していたものの子宮外妊娠だった場合などはこのように出血する可能性もあるので注意が必要です。
子宮外妊娠は、卵管など子宮ではない場所に受精卵が着床してしまい、胎児が成長することを指します。
そのまま放置していれば、成長した胎児に圧迫されて着床部が破裂し、大出血して命に関わるケースもあります。
このため、アフターピルを服用してから3日以内に出血があった場合には、避妊が成功したとは思わずすぐに病院を受診して診察してもらうようにしましょう。
逆に3週間以上出血が無かった場合には、アフターピルで避妊できず妊娠している可能性があるので、妊娠検査薬で確認したほうが良いでしょう。

関連記事